今回は薄い革を使って測量野帳を包みこむブックカバー型の野帳カバーを作ります。

革はカーフという仔牛革です。厚さが0.7ミリから0.8ミリという、ちょっと薄い革です。きめが細かく、肌ざわりも抜群です。

 

1枚革から型紙を使って切り出しますが、薄い革でもあり、切るときに伸び縮みします。切り出しは他の革よりも慎重に行います。

 

革を切り出したら、さっそく断面であるコバの処理を行います。ハリがなく、薄い革なので、コバ処理は難しいのですが、写真のようになんとかトコノール(コバ処理剤)を塗っていきます。

 

 

トコノールを塗って伸ばしたあと、コバ面を磨くのですが、柔らかい革なので、台座に置いた上で柔らかい布で磨きます。

 

次に糸を通す穴を開けます。このカバーは四隅を3点で留めるので、全部で24箇所に穴を開けます。あらかじめ穴を開ける場所に目打ちをした上で、丸ギリを使って穴を開けます。

 

 

次に糸を用意します。糸は細めの麻糸を使います。麻糸の耐久性を高めるため、糸に蝋を塗りこみます。蝋を塗る前と塗った後では糸のハリがまったく異なります。

 

 

では穴に糸を通していきましょう。最初に裏側から表側に糸を通します。

 

 

次に、対になる穴の表側から糸を通します。

 

 

最後に表側から糸を通し、裏側で糸を結び合わせます。結び合わせた部分に少しボンドをさしておきます。

 

 

この作業を12点すべての穴で行います。

出来上がりはこんな感じです。

 

 

糸を締めすぎると縫い目がクシュっとなってしまいますので注意が必要です。

キャラメルキュールは少しきつめに糸を締めていますので、写真のように若干「クシュっ」となっております。

 

測量野帳をバインドしてみました。ぴったりサイズなので、野帳の表紙を挟み込むのにちょっとひっかかったりしますが、革が縦方向にちょっとだけ伸びるので、革を伸ばしながらカバーを挟み込むことができます。

 

 

いかがでしょうか。扱いにくい薄い革である上に、糸で点留めする手間もかかりますが、作りがいのある作品です。

 

 

ブログという存在を忘れかけていましたが、どうにか思い出せることができました。すみません。

 

さて、ジブン手帳用のカバーを作り出してから少し時間がたちました。最初はBiz mini用としてカバーを作り、もちろんサイズ的にはふつうのminiでも使え、もうこれ以上サイズ展開しなくていいかなと思ってました。

 

ところが、A5スリムサイズのジブン手帳用カバーを是非作って!という声を頂き、真剣に検討を始めました。真剣です。

大きなサイズ用のカバーは、まず1枚革から切り出すのが大変です。何が大変かと言うと、革の表面にあるキズ等を避けながら、広い面積を確保しなければならないという点です。小さなサイズであれば、簡単に面積を確保できますが、大きなサイズだと、それがなかなかできません。

 

そしてもうひとつ。大きなサイズの手帳は自重が重いので、ゴム紐でしっかりバインドできるかという点です。ゴム紐をパツンパツンに張ればいいのですが、そうすると手帳を挟むこともできなくなります。とはいえ、こればかりはやってみなければ分かりません。

 

ということで、A5スリムというキャラメルキュールにとっては巨大サイズのカバーを試作するところから始めました。型紙を作った段階で「でけぇなぁ、これ」と感じてました。

 

試作品が完成し、さっそくゴム紐を通してジブン手帳をバインドしてみました。A5スリムのファーストキット3冊を2本のゴム紐でバインドしてみたところ、手帳自体の重さに耐えられることが分かりました。

 

 

ということで、A5スリムの本格的製作が始まったわけです。

と同時に、バインド方法もいろいろ考えてみました。ツイッターでも書きましたが、いくつかバインド方法があります。A5スリム用カバーにはゴム紐を2本通してあり、計4冊をバインドできるようになっています。つまり、カバーの内側には2本のゴム紐が往復して見かけ上4本のゴム紐が通っているのです。この4本を使ってあれこれバインド方法を検討してみました。

 

1.2本のゴム紐で3冊をバインドする方法

ご覧の通り、ファーストキットの3冊を2本のゴム紐でバインドできます。ダイアリーの表紙にLIFEとIDEAを挟み、LIFEとIDEAの真ん中ページにゴム紐を通します。ファーストキットのビニールカバーをつけたままでもバインドできます。

これが一番のオススメです。

 

 

2.3本のゴム紐で3冊をバインドする方法

一番単純な方法です。ファーストキットの3冊をそれぞれゴム紐でバインドします。

 

 

3.4本のゴム紐で3冊をバインドする方法

真ん中のダイアリーを2本のゴム紐でバインドしています。ダイアリーは中綴じではないので、無理やり冊子の真ん中にゴム紐を通すのはいかがなものか、という方には良い方法かと思います。ただ、ゴム紐4本分の幅をとりますので、ちょっと幅が嵩む感じになると思います。

 

 

最後に、ビニールカバーをつけたままバインドするとどんな感じになるのかという写真です。

A5スリムのファーストキットはビニールカバー付きですが、そのカバーもつけたままバインドしています。

 

 

 

 

おしまい。

 

 

測量野帳カバーの型紙情報を掲載しておきます。

 

 

「なんすかね、これ?」と題してツイートした話題をブログにまとめました。

ツイートで一部サイズを誤記しておりました。

【誤】長さ16センチ、幅1センチに切った革

【正】長さ16センチ、幅1.2センチに切った革

 

それではさっそく始めましょう。

 

■材料革

ヘアゴム用の革です。

短い方が長さ4.5センチ、幅1.5センチ、長い方が長さ16センチ、幅1.2センチです。

 

 

長い方の革は両端をくるっと曲げます。革の裏側の中心に線を引いて曲げる目安にします。

 

 

■コバ処理を施す

2本の革の長辺にコバ処理を施します。革が細いので少し手間が掛かりますが、面倒臭がらずにトコノールを塗って磨きます。

写真左側の長辺が未処理状態、右側の長辺がコバ処理済みです。

 

 

■穴を開ける

糸を通す穴を開けます。長い方の革は両端をくるっと曲げて真ん中で固定するための縫い穴です。

短い方の革は長い方の革に巻く形で固定するための縫い穴です。

 

 

■縫う

麻糸を使って縫います。例によって麻糸に蝋を塗ります。蝋引きと言われるものです。

蝋を塗って糸が立つ状態にします。

 

 

 

長い方の革の両端を曲げて、真ん中に開けた穴と両端に開けた穴を縫い合わせます。これで長い革がくるっと八の字を描く形になります。

 

 

短い方の革をくるっと長い方の革に回します。直径5センチのゴム輪を挟んで短い方の革を縫い合わせます。

 

 

 

縫い終わるとこんな感じになります。これでヘアゴムの完成です。

 

 

出来上がりがこれです。カワイイっすね。

 

 

ということで、ヘアゴムの出来るまで、でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかってます。「手帳チャームの作り方:作業編」が未完成ということは。

先日連続ツイートした測量野帳カバーの作り方と手帳チャームの作り方はほぼ一緒なので、こちらでお茶を濁そうという魂胆です。

 

■革の端っこを整える

端落とし用の道具をつかって、端っこの角を削り取ります。こうすることでぐっと上品な仕上がりになります。

革の表側、裏側の両方の端を落とします。

 

 

 

■角をまるめる

次に革の四隅を丸めます。角落としという道具もあるのですが、本の少しだけ角をまるめるだけなので、ヤスリで削ります。

 

 

ヤスリで削るといっても擦ってるうちに革が曲がったりしますので、丁寧に削る必要があります。

ここはちょっとコツがいるかもしれません。

 

 

 

こんな感じになります。これを四隅すべてやります。面倒臭いです。

 

 

■コバを磨く

レザークラフトをやってると必ずこの「コバを磨く」みたいな話が出てきます。「こだわりのコバ磨き」とかいう感じでウンチクを語る場面なのでしょう。それはそれとして、手帳カバーのコバはカバーの耐久性に関わります。ですので、しっかりと処理します。

 

革を切り取ったままだと、切り面はザラっとした感じです。この切り面にコバ処理剤を塗って磨いていきます。

 

 

こんな感じでコバ処理剤であるトコノールを塗ります。ちょっと塗りすぎ感はありますが、まぁいいでしょう。

 

 

トコノールを指で塗り込んだりしながら、最後にコーンで磨きながら、角の丸みを出していきます。

するとどうでしょう、1回磨いただけでこんなピカピカになります。オイルレザーだと1回のコバ磨きでツルツルのピカピカになります。

 

 

■穴を開ける

すべて切り面を磨いたら、今度はゴム紐を通す穴を開けます。

型紙を使って穴を開ける場所に目打ちします。目打ちのズレを定規で確かめ、ズレがあれば修正します(0.1ミリ単位で修正)。

 

 

 

穴あけにはスクリューポンチを使います。スクリューポンチを使えば静かに穴を開けることができます。ハンマーでポンチを打つときに出る大きな音がしないのです。

スクリューポンチは柄の部分を下に押すと、先端がくるくるっと回って穴を開けてくれます。ただし、2ミリ厚の革では完全に穴が開きません。そこで、くるくる回した後にグッと力を入れて穴を開けます。

 

 

というわけで、穴が開きました。

 

 

■ゴム紐を通す

カバーにゴム紐を通します。ガイド用に細い針金を使い、針金にゴム紐を挟んで、先に針金を穴に通します。反対側から針金を引っ張るとゴム紐を簡単に通すことができます。

 

 

針金を使うのはゴム紐を通すときだけでなく、ぶっとい糸を使って縫うときも使うことがあります。細い穴に太い糸が通らないようなとき、針金を針替わりにして使うことがあります。

 

■しおり紐を付ける

最後にしおり紐を付けます。

細くてしっかりしたコーティングカラーコードを使います。

 

 

ゴム紐に取り付けた丸カンにしおり紐を固定します。

 

 

しおり紐にメタルビーズを取り付け、端を結んだら完成です。

 

 

仕上がりはこんな感じになります。

 

 

以上がキャラメルキュールによる測量野帳カバーの作り方です。

手帳チャームもざっくり同じ作業手順です。

 

 

 

 

 

 

 

しばしの時を経て、若干熟成の感あるも、道具編へと物語りは続く。

 

そんな訳で、手帳チャームの作り方:道具編です。

 

・革を切る!

まずは革を切る道具。革包丁ではなくカッターを使います。100均の大きめなカッター。これで十分です。カッターマットと定規も合わせて300円程度です。カッターマットはできるだけ大きめのものがいいでしょう。100均なのに200円とか300円で売っているようなヤツです。

 

 

・革のへりを落とす

続いて「へり落とし」です。これはレザークラフト用の道具を使っています。革のへりの部分をすーっとそぎ落とす道具です。へりを丸めるという意味では目の細かいヤスリで削ってもいいかもしれません。

 

 

・角を落とす

革の四隅をまるには「角落とし」を使いますが、キャラメルキュールは角を落とすのにヤスリを使っています。ここまでで革の端っこ(コバ)の前処理が完了です。

 

 

・コバを磨く

次にコバ処理剤を使って革の端っこを磨きます。コバ処理剤は500円くらい。コバを磨くときの台座と磨く道具のコーンスリッカーを用意します。台座はホムセンで売っている材木でOK。スリッカーはレザークラフト用のものを使っています。

 

 

コーンスリッカーも100円ショップで売っているすりこ木でなんとか代用できるかもしれません(使ったことはないけど…)。

だた、すりこ木の表面をしっかり研磨しないとダメだと思います。

 

 

・穴あけ

さて、いよいよ穴あけです。穴あけの道具はポンチとウッドハンマーを使う人もいますが、キャラメルキュールはスクリューポンチを使っています。刃を替えられるので便利ですし、ハンマーで叩くときの大きな音が出ません。

 

 

下の写真がスクリューポンチです。野中製作所のスクリューポンチを使ってます。

 

 

・ポンチの下敷き

穴あけのときには下にゴム板を敷きます。これも100円ショップ、ホームセンターで安く買えます。キャラメルキュールのゴム板は写真の通り、満天の星空状態になってます。

 

 

・穴あけ、別の方法

ポンチはレザークラフト用の道具なので価格も高くなりますが、穴を開けるだけなら100円ショップで打っている目打ち用の道具で代用できます。穴の形がすこしイビツになりますが丁寧にやればなんとかなるでしょう。

 

 

 

・ゴムひも通し

穴が開いたらゴム紐を通します。小さな穴にゴム紐を通すのは大変です。トラベラーズノートのユーザも苦労する場面です。ここではガイドように極細の針金を使います。針金にゴム紐をひっかけて穴に通します。

 

 

 

 

道具編は以上です。

 

 

手帳チャームの作り方をパパッとブログに載せようと思ったのですが、意外と大作になりそうなので、まずは「材料編」から掲載することにしました。ということで、ここから本文が始まります。

 

- - - - - - - - - - - - - - - -

 

今回は手帳チャームの作り方です。次の3つのポイントに沿って書いていきます。

 

ポイント1:材料
ポイント2:道具
ポイント3:作業

 

■ポイント1:材料
手帳チャーム本体の革、二重丸カン、飾り用ビーズ、ゴム紐、が手帳チャームを作るための基本的な材料です。

 

・手帳チャーム本体の革
キャラメルキュールが作る手帳チャームは厚さが2ミリ程度のオイルレザーを使っています。手帳カバーに使っている革とまったく同じものでチャームを作っています。牛本革をどうやって手に入れるかというと、最も簡単なのはネットショップでの購入です。厚さ2ミリ程度の牛革であれば簡単に入手できます。

ある程度のハリがあって、しっかりしたものであれば大丈夫でしょう。オイルレザーである必要はありません。A4サイズ程度で切り売りしているショップもあるので、ネット上のレザーショップを探してみてください。

 

材料革を直接お店に行って購入したい場合、東京であれば浅草橋近辺の問屋街がお薦めです。小さく裁断された革、ハギレ革、ちょっと大きめに裁断された革、大きな一枚革(半裁)までなんでも買えます。店頭で革の状態や厚みを確かめたり、お店の方にあれこれ質問したりもできます。

 

これはやや大きめの裁断革。畳半畳分くらいのもの

 

ユザワヤや東急ハンズでも材料革を購入できます。レザークラフトコーナーがある店舗であれば材料革も置いてあると思います。都内であれば吉祥寺のユザワヤ、東急ハンズは渋谷、新宿、池袋、銀座の各店舗で革を売っています。

 

・丸カンとビーズ
二重丸カンはお好みで大きさを変えてもいいと思います。キャラメルキュールがチャーム用に使っている二重丸カンは12ミリのユザワヤ製です。丸カンは二重である必妻もありませんし、丸カンである必要もありません。チャームをぶら下げるためのベースになるのであれば、何でもOKです。

 

そういう意味では背表紙のチューブビーズもお好みで、付けなくても問題ありません。逆にこのようなチューブビーズを見つけのは結構たいへんです。長さ、内径の大きさなど、ぴったりのものを探す手間をかけるくらいなら、付けない方がいいかもしれません。
キャラメルキュールのチャームに付けているチューブビーズは長さ7ミリ、内径は約3ミリのものです。

 

 

・ゴム紐
ゴム紐はカラーの丸ゴムを使います。太さは1.5ミリ程度です。1.3ミリから1.6ミリくらいが理想の太さです。ユザワヤや東急ハンズなどで売っているカラーゴムはだいたい1.5ミリ程度なので、それを購入すればいいでしょう。ただ、色が限られているので、納得のゆく色のゴム紐を使いたいのであれば、多色展開している業務用カラーゴム等を購入する必要があります。
業務用カラーゴムは長さ30メートルとか50メートルという単位で売られていますので、買うなら相応の気合が必要です。

 

1色あたり1反50メートルです。カセ巻きという状態で問屋さんから届きます

 

ということで、材料編はここまでです。

 

 

 

自分ではあまり革のお手入れを意識したことがないのですが、ざっくり解説してみようかと思います。

まず、キャラメルキュールが扱っている革のほとんどがオイルレザーなので、もともと革がオイルを含んでいるという前提があります。革によってオイルの含有量が異なりますので、すべてが同じような感じではありませんが、とりあえずオイルレザーという括りで話をします。

 

たとえばエルバマットですが、オイルの含有量が高いので、ちょっと布で擦っただけでテカテカになります。テカテカになると同時に革表面の色が少し濃くなります。つまり、擦っただけで表面の色合いが変化するということです。この点に注意するというか、理解した上で手入れをする必要があります。

 

まだ新しいうちはオイルレザーにオイルを塗りたくる必要はないと思います。きれい好きな人であれば、表面の汚れを乾布で拭き取るくらいでいいかと思います。ただし、上記のように擦ると色合いが変わることがありますので注意してください。

 

ブラッシングも注意が必要です。ブラシの硬さ、ブラッシングするときの力のかけ具合など、最初は慎重に対応するのがいいと思います。無理にブラッシングする必要もないと思いますので、ブラッシングはスルーしても大丈夫かなと思います。

ほこりがたまり易い縫い目がある革などは汚れを落とすという意味でブラシをかけてもいいでしょう。ただ、細い糸で縫い上げてあるような場合、糸のつなぎ目が解けたり、糸を傷つけることもありますので、慎重に対応しましょう。

 

革にオイルを塗る場合、キャラメルキュールが使っているのは誠和の保革クリームです。

 

 

通常はほとんどオイルを塗ることはありません。オイルを塗るのはたいていの場合、以下のパターンです。

 

・革表面が乾いてパサパサになっている場合

このパターンはほとんどありませんが、そんな状態に陥った場合は表面をきれいにしてからオイルを塗ります。

 

・うっかり革表面にラーメンのスープが飛び散った場合

ラーメンに限らず、油分が含まれた液状のものが革表面に飛び散ることがあります。そうすると革表面に点状に跡が残ってしまいます。この点状跡を消すためにオイルを塗ることがあります。ただし、完全には跡が消えません。

 

・「手入れをせねば」という強迫観念に襲われる場合

多くはこのパターンです。ちょっと時間があって「あ、そうだ」という感じで革をすりすりします。ついでにオイルも塗っておこうという感じです。

 

まぁだいたいこんな感じです。

 

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

 

今日は吉祥寺のユザワヤにお買い物でお出かけ、そのまま桜見物の散歩をしました。

井の頭公園への道は人がたくさん。公園の端っこを少し散歩して、そのまま井の頭公園駅へ進みました。

 

井の頭公園の端っこにある桜。スワンボートが見えます

 

井の頭公園駅の桜

 

ここから少し井の頭線沿いを散歩します。線路沿いの桜が綺麗です。

 

 

さて、問題はここから。このまま井の頭線沿いを散歩するか、玉川上水方面に向かうか。

結局、玉川上水に向かい、そちらでも桜を堪能することができました。

 

鬱蒼とした感じがたまりません

 

玉川上水の中でもこのあたりは比較的こじんまりとした感じで、自然の雰囲気も残っており散歩にはもってこいです。歩く人も少なく、ゆっくり散歩することができます。そのかわり、コジャレたカフェがあるわけでもなく、散歩そのものが目的になります。

 

 

川沿いには竹林もあり、竹と絡んだ感じで桜も咲いています。ちょっと山桜の雰囲気を出してます。

 

 

都心では見かけなくなりましたが、このあたりにはまだ鉄塔がたくさんあります。この鉄塔は北多摩線の71番鉄塔です。鉄塔にはそれぞれ番号が付いています。高圧送電網には北多摩線のようにそれぞれ名称があります。

 

 

奥に見える鉄塔が北多摩線の72番鉄塔で、その足元には三鷹台変電所があります。Google Mapには鉄塔マークが表示されており、どこに鉄塔があるのかがだいたい分かります。鉄塔の路線と番号は鉄塔に表示されています。鉄塔推しな方々のサイトも大変参考になりますので、興味のある方はぜひハマって下さい。

 

中央道に近づいてくると、道路整備に伴って玉川上水緑道も整備されつつあります。もう何年も工事していますが、ようやく形になってきました。

 

 

 

整備されても上水そのものは鬱蒼とした雰囲気を保っています。昔は泥道でしたが、今は土で固められた歩道になっています。

それでもご覧の通り、あまり人はいません。

 

 

車道側から見ると整備がかなり進んでいることが分かります。

 

 

さらに南下すると中央自動車道が見えてきます。緑道はいったんここで終了です。このまま高架沿いに左に進むと環八に出ます。

 

 

さて、吉祥寺からここまで歩くとさすがに疲れます。そろそろ電車に乗ろうということで、井の頭線の高井戸駅に向かいます。高井戸駅は環八をまたぐような感じで、少し高い場所にあります。吉祥寺側から駅に向かうと、ちょっと高度経済成長時代を想わせる景色に出会います。

 

 

電車が通るとこんな感じ。

 

 

コンクリの鉄道柵もいい感じです。

 

いかがでしょうか。今回は三鷹台から高井戸あたりを散歩しましたが、もう少し北上して、三鷹駅からスタートしてもいいでしょう。これからの季節、玉川上水沿いのお散歩はお薦めコースです。あれこれ手帳に書き込みながら散歩するのもいいかもですね。

まさに測量野帳にはもってこいのお散歩コースです。天気のいい日は測量野帳片手に玉川上水を歩いてみましょう!

 

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

 

野川に桜を見に行くか、という淡い計画は消え去り、豪徳寺の桜を見に行ってきました。豪徳寺は招き猫で有名になってしまいましたが、地元ではちょっとでかい寺、くらいな感じです。いや、いろんな「感じ」があるかと思いますが、キャラメルキュール的にはそんな感じです。

 

 

まだ満開ではありませんが、あっという間に満開になりそうです。午後4時くらいに訪れてこんな感じでした。まったく混んでおりませんでしたが、少し早い時間帯だともうちょっと人が多いかもしれません。

 

最寄の駅は東急世田谷線の「宮の坂」です。世田谷線はお散歩路線なので、暇つぶしに最適です。その昔、旧車両の頃は春先に窓全開で走る世田谷線が最高でした。今はそれがないのでちょっと残念ですね。

 

 

上の写真は仏殿の前に咲くしだれ桜です。この左側にでかい香炉があります。

下の写真は三重塔と桜です。豪徳寺にはこんな立派な三重塔があるんです。「ちょっとでかい寺」どころじゃないですね。この三重塔の左側の方に招き猫がたくさんいます。

 

 

最後に山門をバックに桜を写してみました。

 

 

豪徳寺は彦根藩主である井伊家の墓所であり、井伊直弼の墓もあります。

 

小田急線豪徳寺駅周辺には豪徳寺商店街、山下商店街があり、ちょっとコジャレたカフェふうの店もあります。足を伸ばして経堂へ行けば、農大通りの商店街やすずらん通り商店街もあって、すずらん通りには素敵な文具店、ハルカゼ舎もあります。

 

宮の坂駅の反対側には世田谷八幡があり、そちらもお散歩コースに入れるといいでしょう。正月には神社の外までお参りの列ができるほど人気です。

 

なんかマジメな街歩きレポートになってしまいました。

ステキな街なのでぜひ遊びに来て下さい。