しばしの時を経て、若干熟成の感あるも、道具編へと物語りは続く。

 

そんな訳で、手帳チャームの作り方:道具編です。

 

・革を切る!

まずは革を切る道具。革包丁ではなくカッターを使います。100均の大きめなカッター。これで十分です。カッターマットと定規も合わせて300円程度です。カッターマットはできるだけ大きめのものがいいでしょう。100均なのに200円とか300円で売っているようなヤツです。

 

 

・革のへりを落とす

続いて「へり落とし」です。これはレザークラフト用の道具を使っています。革のへりの部分をすーっとそぎ落とす道具です。へりを丸めるという意味では目の細かいヤスリで削ってもいいかもしれません。

 

 

・角を落とす

革の四隅をまるには「角落とし」を使いますが、キャラメルキュールは角を落とすのにヤスリを使っています。ここまでで革の端っこ(コバ)の前処理が完了です。

 

 

・コバを磨く

次にコバ処理剤を使って革の端っこを磨きます。コバ処理剤は500円くらい。コバを磨くときの台座と磨く道具のコーンスリッカーを用意します。台座はホムセンで売っている材木でOK。スリッカーはレザークラフト用のものを使っています。

 

 

コーンスリッカーも100円ショップで売っているすりこ木でなんとか代用できるかもしれません(使ったことはないけど…)。

だた、すりこ木の表面をしっかり研磨しないとダメだと思います。

 

 

・穴あけ

さて、いよいよ穴あけです。穴あけの道具はポンチとウッドハンマーを使う人もいますが、キャラメルキュールはスクリューポンチを使っています。刃を替えられるので便利ですし、ハンマーで叩くときの大きな音が出ません。

 

 

下の写真がスクリューポンチです。野中製作所のスクリューポンチを使ってます。

 

 

・ポンチの下敷き

穴あけのときには下にゴム板を敷きます。これも100円ショップ、ホームセンターで安く買えます。キャラメルキュールのゴム板は写真の通り、満天の星空状態になってます。

 

 

・穴あけ、別の方法

ポンチはレザークラフト用の道具なので価格も高くなりますが、穴を開けるだけなら100円ショップで打っている目打ち用の道具で代用できます。穴の形がすこしイビツになりますが丁寧にやればなんとかなるでしょう。

 

 

 

・ゴムひも通し

穴が開いたらゴム紐を通します。小さな穴にゴム紐を通すのは大変です。トラベラーズノートのユーザも苦労する場面です。ここではガイドように極細の針金を使います。針金にゴム紐をひっかけて穴に通します。

 

 

 

 

道具編は以上です。

 

コメント
コメントする