ブログという存在を忘れかけていましたが、どうにか思い出せることができました。すみません。

 

さて、ジブン手帳用のカバーを作り出してから少し時間がたちました。最初はBiz mini用としてカバーを作り、もちろんサイズ的にはふつうのminiでも使え、もうこれ以上サイズ展開しなくていいかなと思ってました。

 

ところが、A5スリムサイズのジブン手帳用カバーを是非作って!という声を頂き、真剣に検討を始めました。真剣です。

大きなサイズ用のカバーは、まず1枚革から切り出すのが大変です。何が大変かと言うと、革の表面にあるキズ等を避けながら、広い面積を確保しなければならないという点です。小さなサイズであれば、簡単に面積を確保できますが、大きなサイズだと、それがなかなかできません。

 

そしてもうひとつ。大きなサイズの手帳は自重が重いので、ゴム紐でしっかりバインドできるかという点です。ゴム紐をパツンパツンに張ればいいのですが、そうすると手帳を挟むこともできなくなります。とはいえ、こればかりはやってみなければ分かりません。

 

ということで、A5スリムというキャラメルキュールにとっては巨大サイズのカバーを試作するところから始めました。型紙を作った段階で「でけぇなぁ、これ」と感じてました。

 

試作品が完成し、さっそくゴム紐を通してジブン手帳をバインドしてみました。A5スリムのファーストキット3冊を2本のゴム紐でバインドしてみたところ、手帳自体の重さに耐えられることが分かりました。

 

 

ということで、A5スリムの本格的製作が始まったわけです。

と同時に、バインド方法もいろいろ考えてみました。ツイッターでも書きましたが、いくつかバインド方法があります。A5スリム用カバーにはゴム紐を2本通してあり、計4冊をバインドできるようになっています。つまり、カバーの内側には2本のゴム紐が往復して見かけ上4本のゴム紐が通っているのです。この4本を使ってあれこれバインド方法を検討してみました。

 

1.2本のゴム紐で3冊をバインドする方法

ご覧の通り、ファーストキットの3冊を2本のゴム紐でバインドできます。ダイアリーの表紙にLIFEとIDEAを挟み、LIFEとIDEAの真ん中ページにゴム紐を通します。ファーストキットのビニールカバーをつけたままでもバインドできます。

これが一番のオススメです。

 

 

2.3本のゴム紐で3冊をバインドする方法

一番単純な方法です。ファーストキットの3冊をそれぞれゴム紐でバインドします。

 

 

3.4本のゴム紐で3冊をバインドする方法

真ん中のダイアリーを2本のゴム紐でバインドしています。ダイアリーは中綴じではないので、無理やり冊子の真ん中にゴム紐を通すのはいかがなものか、という方には良い方法かと思います。ただ、ゴム紐4本分の幅をとりますので、ちょっと幅が嵩む感じになると思います。

 

 

最後に、ビニールカバーをつけたままバインドするとどんな感じになるのかという写真です。

A5スリムのファーストキットはビニールカバー付きですが、そのカバーもつけたままバインドしています。

 

 

 

 

おしまい。

 

コメント
コメントする